0
38
40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
【メール受付】365日24時間受付中
「例えば、こんな時は…?」
相続のご相談、
法律のプロがスッキリ解決

いたします!
税理士?司法書士?
どこに相談すれば…?
相続する側・相続される側
両方の立場を熟知している
弁護士スムーズな相続
サポートいたします!
弁護士は司法書士よりも相続全般についての法律知識・判例を熟知しており、
また、司法書士と異なり家庭裁判所での代理権を有しているため、
遺産分割調停や審判、訴訟に取り組めるなど、相続問題全般について
初期段階から一貫して取り組むことが出来ます。
相続に関してのご相談は弁護士にされることをお勧めします。
弁護士
プライバシーは
しっかり守ります
弁護士には守秘義務があります。個人情報やご相談内容が外部に漏れることはありません。
相続にまつわる相談は、非常にデリケートで他人に話しにくい 内容が多く含まれています。
泉総合はご相談者様のプライバシーに配慮して「秘密厳守」で対応させていただいております。
泉総合に相続について相談する
3つのメリット
  • メリット
    1 円満な解決を戦略的に
    導くことができる
    • 現状把握から必要な調査、最善の結果を得るための方法、調停や訴訟への対応など、解決に辿り着くまでのプロセスを描くことができる。
    • 相手の出方によって、法律知識に基づいた適切な対応を行うことができる。
    • 誤った知識、思い込みで望まない条件で合意してしまうようなリスクを避けることができる。
  • メリット
    2 交渉によるストレスや
    トラブルを避けられる
    • 当事者同士で直接やり取りして感情的になってしまい、話し合いが進展しなくなるのを防ぐことができる。
    • 弁護士名での内容証明の送付や法律に基づいた主張ができる。
    • 相手方が弁護士を立ててきても対抗できる。
  • メリット
    3 後になってもめないように
    解決できる
    • 丁寧な調査と適切な遺産分割協議書で、後日再度争いになることを防ぐことができる。
    • もめにくく、バランスの良い遺言書を作成することができる。
    • 遺言執行者として、相続発生後には的確に遺言内容を実現し、相続人が納得して円滑に相続できるようフォローすることができる。
わかりにくい相続問題…
係争ポイント熟知した
弁護士お任せください
個人の対応では… 個人の対応 弁護士に任せれば…! 弁護士に任せる
遺産分割
トラブルだらけで話が進まない!
  • お互いの主張がぶつかり合って感情的になってしまう
  • 適切な分割方法が分からず、不公平になってしまう
  • 話し合いがストレスになって相続が完了しない
話し合いから遺産分割完了までサポート!
  • 弁護士が冷静に話し合いを進めます。
  • 遺産内容に応じて最適な遺産分割をご提案します。
  • ご本人が対面しなくても交渉が進み、ストレスを軽減できます。
詳しく見る
遺留分
侵害額請求
遺留分額が分からない、
請求しても払ってもらえない!
  • 経緯が複雑で遺留分をいくら請求できるか分からない
  • 遺留分を請求しても無視された
  • 遺留分を請求されたが、どうすればいいか分からない
遺留分の計算から請求、回収まで対応!
  • 遺産額と贈与、遺贈を把握し、適切に遺留分請求できます。
  • 相手の対応によって、調停や訴訟など柔軟に対応できます。
詳しく見る
相続放棄
遺産を受け取りたくないが、どうすれば?
  • 相続放棄の手続きや書面の書き方が分からない
  • 書類の集め方が分からず相続放棄できる期限を過ぎてしまった
  • 熟慮期間内に相続財産の調査が終わらなそうなのでどうにかしたい
相続放棄の判断から実際の手続きまで対応!
  • 書類収集のアドバイスから相続放棄申立てまで対応します。
  • 相続放棄等の熟慮期間の伸長申立ての手続もお任せください。
詳しく見る
遺言書作成
適切な遺言書の書き方が分からない
  • 遺言の形式を満たしていない(法的に無効)
  • 遺産を渡したい人がいるが、かえってもめてしまう
  • 遺言を書いても、将来ちゃんとその通りになるか不安
遺言書の書き方、実際の作成、
遺言執行もお任せください
  • 法的に有効な遺言かどうかチェックできます。
  • 遺言者のご希望に沿いつつ、将来もめにくい遺言を作成できます。
  • 実現が不安な場合は遺言執行者もお任せください。
詳しく見る
個人の対応では… 個人の対応



トラブルだらけで話が進まない!
  • お互いの主張がぶつかり合って感情的になってしまう
  • 適切な分割方法が分からず、不公平になってしまう
  • 話し合いがストレスになって相続が完了しない







遺留分額が分からない、
請求しても払ってもらえない!
  • 経緯が複雑で遺留分をいくら請求できるか分からない
  • 遺留分を請求しても無視された
  • 遺留分を請求されたが、どうすればいいか分からない



遺産を受け取りたくないが、
どうすれば?
  • 相続放棄の手続きや書面の書き方が分からない
  • 書類の集め方が分からず相続放棄できる期限を過ぎてしまった
  • 熟慮期間内に相続財産の調査が終わらなそうなのでどうにかしたい




適切な遺言書の書き方が
分からない
  • 遺言の形式を満たしていない
    (法的に無効)
  • 遺産を渡したい人がいるが、かえってもめてしまう
  • 遺言を書いても、将来ちゃんとその通りになるか不安
弁護士に任せれば…! 弁護士に任せる
話し合いから
遺産分割完了までサポート!
  • 弁護士が冷静に話し合いを進めます。
  • 遺産内容に応じて最適な遺産分割をご提案します。
  • ご本人が対面しなくても交渉が進み、ストレスを軽減できます。
詳しく見る
遺留分の計算から請求、回収まで対応!
  • 遺産額と贈与、遺贈を把握し、適切に遺留分請求できます。
  • 相手の対応によって、調停や訴訟など柔軟に対応できます。
詳しく見る
相続放棄の判断から
実際の手続きまで対応!
  • 書類収集のアドバイスから相続放棄申立てまで対応します。
  • 相続放棄等の熟慮期間の伸長申立ての手続もお任せください。
詳しく見る
遺言書の書き方、実際の作成、
遺言執行もお任せください
  • 法的に有効な遺言かどうかチェックできます。
  • 遺言者のご希望に沿いつつ、将来もめにくい遺言を作成できます。
  • 実現が不安な場合は遺言執行者もお任せください。
詳しく見る
解決事例
  • 分野

    遺産分割

    依頼者の母はすでに逝去しているが、その母の兄が亡くなり、葬儀に参列した後、依頼者の叔父である被相続人の遺産分割について話し合いが行われたが、分割の割合について疑義が生じ、法律の知識のないご本人では対応が困…

  • 分野

    遺留分

    被相続人は、その配偶者から譲り受けた多額の財産を相続人へ法定通り均等に分与することなく、遺言にて全ての財産を被相続人の近所に暮らしていた長男のみに相続させ、長男は全財産を受領した。 その事実を知ったもう一…

  • 分野

    相続放棄

    被相続人である父親は、相続人らが幼いころ、母親と離婚したため、音信不通で行方もわからなかったが、役所から被相続人の固定資産税の滞納通知が相続人らのもとに届いた。 面識の全くない被相続人である父親の負債を相…

  • その他の解決事例
    弁護士費用
    お客様の不安を軽減するため、
    わかりやすい費用設定にしております。
    初回相談
    0
    • 遺産分割
      ただし、着手金・報酬金のいずれについても、相続人が多数、特別受益・寄与分の主張、その他複雑・難解な事案については、別途協議により定めるものとします。
      日当:ご相談時に弁護士からご説明いたします。
      実費:その他実費として、郵便切手代、印紙代、交通費、金融機関等への弁護士法による照会手数料、戸籍謄本等の取得にかかる費用、公正証書作成費用等がかかります。
    • 遺留分侵害額請求(請求側)
      日当:ご相談時に弁護士からご説明いたします。
      実費:その他実費として、郵便切手代、印紙代、交通費、金融機関等への弁護士法による照会手数料、戸籍謄本等の取得にかかる費用、公正証書作成費用等がかかります。
    • 遺留分侵害額請求(被請求側)
      「お客様が最終的に獲得できた遺産金額」とは、遺言によりすでに名義変更が済んでいるものも含め、被相続人の相続によってお客様が獲得した財産の合計額を指します。獲得した財産として不動産や有価証券等、価格が変動するものがある場合、相手方との間で決定した評価額(相手方との間で決定しなかった場合は時価)で合計額を計算いたします。
      日当:ご相談時に弁護士からご説明いたします。
      実費:その他実費として、郵便切手代、印紙代、交通費、金融機関等への弁護士法による照会手数料、戸籍謄本等の取得にかかる費用、公正証書作成費用等がかかります。
    • 相続放棄
      申述期間を経過している場合は、着手金16.5万円(税込)、受理報酬金22万円(税込)
      相続の承認・放棄の期間伸長審判申立は、1名につき11万円(税込)
      実費:その他実費として、郵便切手代、印紙代、交通費、金融機関等への弁護士法による照会手数料、戸籍謄本等の取得にかかる費用等がかかります。
    • 遺言書作成
      日当:ご相談時に弁護士からご説明いたします。
      実費:その他実費として、郵便切手代、印紙代、交通費、金融機関等への弁護士法による照会手数料、戸籍謄本等の取得にかかる費用、公正証書作成費用等がかかります。
    • 遺言執行
      相続財産の額費用
      金1,500万円以下33万円(税込)
      金5,000万円以下2.2%(税込)
      金5,000万円超、金1億円以下1.65%(税込) + 27.5万円(税込)
      金1億円超、金2億円以下1.1%(税込) + 82.5万円(税込)
      金2億円超、金3億円以下0.88%(税込) + 126.5万円(税込)
      金3億円超、金5億円以下0.66%(税込) + 192.5万円(税込)
      金5億円超、金10億円以下0.55%(税込) + 247.5万円(税込)
      金10億円超0.33%(税込) + 467.5万円(税込)
      複雑な事案、特殊事情の存在する場合は、弁護士と受遺者との協議により、別途定める額とします。
      遺言執行に裁判手続きを要する場合は、上記執行手数料とは別に、裁判手続きに要する弁護士費用が発生します。
      実費:その他実費として、郵便切手代、印紙代、交通費、金融機関等への弁護士法による照会手数料、戸籍謄本等の取得にかかる費用等がかかります。

    費用の詳細へ
    【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00
    メールでのお問い合せ【24時間365日受付中】
    泉総合が選ばれる
    5つの理由
    1初回相談無料
    1人で思い悩んでしまっている方へ
    弁護士に相談するというのは、なかなか気が引けるもの。その上に費用がかかるとなると、 二の足を踏んでしまいます。そこで、泉総合では、 そうしたハードルをなくすため初回のご相談(60分)を無料とさせて頂いております。 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪の方は、 電話での無料相談もございますのでお気軽にご相談ください。
    2リーズナブルな費用
    費用を理由に解決をあきらめてしまわないように
    費用を理由に相談をためらい、お悩みの解決が先送りになってしまわないよう、ご利用いただきやすく、分かりやすい料金体系にしております。
    3夜間・土日祝も受付
    平日は仕事でお忙しい方もご相談ください
    当事務所は平日は21時まで、土日祝も19時まで電話受付しております。お仕事帰りやお休みの日にもご相談にいらっしゃる方が多く、お忙しい方でも安心です。
    4弁護士40名が在籍
    幅広い視点と高い専門性でご相談にお答えします
    最新の判例や実務動向を常に研究し、日々新しい知識の習得に励んでいます。当事務所に所属する全員が「法律のスペシャリスト」であるという自覚を持ち、皆さまのお悩みの解決に取り組んでいます。
    5首都圏最大級38拠点で対応します!
    全支店が駅近・好アクセスです!
    泉総合は、首都圏沿線の主要駅周りと関西圏に計38拠点を展開。
    首都圏最大級のネットワークを活かしたスピーディーなサポート体制が泉総合ならではの特徴です。
    近隣の本支店弁護士と連携しながら、的確かつ迅速にご相談者さまのお悩みを解決に導きます。
    各支店へのアクセス
    ご依頼者様の不安やお悩みをひとつひとつ丁寧に伺い、全力でサポートいたします。泉総合法律事務所 代表弁護士 泉 義孝

    相続については、遺産分割、遺留分侵害額請求、相続放棄など相続全般について法律相談を実施しております。また、不動産をめぐる扱いが相続紛争の争点となることが多々ありますが、不動産会社に劣らぬ深い知識を有しており、適切な助言ができると考えております。泉総合はご相談者様の不安や悩みをひとつひとつ丁寧に伺い、全力でサポートいたします。分からないことや不安に思うことがあれば、お気軽にご相談ください。

    新着コラム
    遺産分割 遺産分割調停の流れと有利に進める方法

    遺産の評価や遺産分割方法などについて相続人間に争いがあり、話し合いではまとまらないときには、家庭裁判所に遺…

    遺産分割 行方不明の相続人と遺産分割|3つの対処法を解説

    遺産分割協議は、相続人全員が参加して行わなければならず、一部の相続人を欠いて成立させた遺産分割協議は無効と…

    遺言書 遺言書の検認とは?検認が必要な遺言書と手続き方法

    遺言にはいろいろな形式があり、遺言の種類によっては、家庭裁判所の「検認」という手続きを踏まないといけないも…

    よく読まれているコラム
    遺言書の書き方
    遺言書 正しい遺言書の書き方|作成のポイントと自筆証書遺言の要件

    「終活」という言葉が一般的に認知されるようになってきました。年々平均寿命や健康寿命が伸びていることもあって…

    遺留分とは
    遺留分 遺留分とは|概要と遺留分割合をわかりやすく解説

    1.遺留分とは (1) 遺留分制度の概要 「遺留分」とは、被相続人の遺産のうち、兄弟姉妹を除く法定相続人に…

    遺言執行者
    遺言書 遺言執行者とは|役割と選任するメリット、誰を選べばいい?

    自分の希望通りの遺産分割を実現するという目的や、自分が亡くなった後の相続争いを回避するという目的から生前に…

    よくある質問
    [質問14]
    遺産分割協議の話し合いがまとまらないときはどうすればいいですか?
    [質問17]
    相続分を他の相続人に無断で他者に譲渡することはできますか?
    [質問30]
    遺留分を侵害された場合、どのように請求すればいいですか?
    [質問33]
    内縁の妻(夫)は遺留分を請求できますか?
    [質問40]
    相続放棄はいつでもできますか?期限はあるでしょうか?
    お知らせ