相続に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所遺産相続
0120-870-408
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

遺留分侵害額請求に関するよくある質問

Q

いつも面倒を見てくれている子どもに遺産を渡し、連絡もくれない子どもには遺留分も渡しなくないですが、できますか?

A

遺留分は、遺産を得られなかった相続人が日常の生活に支障が出るという事態を防ぐための制度とされています。

遺留分を侵害する遺言もできますが、相続開始後に遺留分侵害額請求が行われ、結局争いの末に遺留分が渡る可能性もあります。そのため、通常は、特定の法定相続人の遺留分も含めて奪うことは望ましくありません。

もっとも、一定の事由の下で相続人の相続権がなくなる可能性もありますので、ご相談ください。

[質問 34]
関連するよくある質問
関連する参考例
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00