相続に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所遺産相続
0120-870-408
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

遺言書に関するよくある質問

Q

遺言を書面にせず、ビデオカメラでメッセージとして撮影することは認められるでしょうか?

A

残念ながらビデオカメラ等による録画は、法律上有効な遺言としては認められません。2021年1月時点の民法で認められているのは原則として書面による方式のみです。
録画の他、ボイスレコーダーによる録音や、パソコン等のデータとしても認められていません。
ただし、一定の要件を満たしたうえでの自筆証書遺言の財産目録と、秘密証書遺言については、パソコンでの作成は認められています。

[質問 63]
関連するよくある質問
関連する参考例
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00