相続に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所遺産相続
0120-870-408
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

兄弟で争いのある遺産分割調停を成立させた

遺産分割

60代|男性|会社員

兄弟で争いのある遺産分割調停を成立させた

遺産の種類・概要

預金(3000万円)

被相続人

父親

相続人

長男、次男(依頼者)

経済的利益・獲得利益

1900万円

相談内容

母に続き、父が逝去したため、依頼者は兄と遺産分割協議をすることになりました。
しかし、父母の面倒を見ていたと主張する長男の意見が強硬で、協議は不調でした。

 

そこで依頼者様は、当事務所に遺産分割調停手続の追行を依頼されました。

対応と結果

主に、被相続人の面倒を見ていたと主張する長男との意見調整、使途不明金の処理が問題となりました。

 

粘り強く話し合いを続けた結果、面倒を見ていたとの長男の主張は寄与分として反映させず、かつ使途不明金の相当金額を遺産の範囲に持ち戻す、という形を前提として、遺産分割を行う調停が成立しました。

関連する参考例
関連するよくある質問
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00