相続に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所遺産相続
0120-870-408
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

遺言書に関するよくある質問

Q

一度作成した遺言を破棄したいのですが、どうすればいいですか?

A

遺言者は、いつでも遺言を撤回できるとされており、遺言方式によって撤回方法が異なります。

破棄したい場合、自筆証書遺言であればシュレッダーにかける等で物理的に破棄すれば、法律上も撤回したものとみなされます。

公正証書遺言の場合、原本は公証役場にあるため、手元の正本・謄本を破棄しても撤回したことにはなりません。撤回する場合は、新たに遺言書を作成し撤回する必要があります。

なお、新しい遺言を作り直す場合、古い遺言は確実に破棄・撤回するのが安全ですが、新旧の遺言で内容が矛盾する場合は、その部分については新しい遺言が優先されます。

[質問 65]
関連するよくある質問
関連する参考例
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00