相続に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所遺産相続
0120-870-408
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)

遺言書に関するよくある質問

Q

遺言はどこに保管すればいいですか?

A

自筆証書遺言については、現在では法務局で保管してもらうことができます。自宅保管に比べ、紛失の危険性がほぼなく、他者に遺言書を破棄・隠匿・改ざんされる危険性もありません。
亡くなった後に行うべき遺言書の検認も不要で、自筆証書遺言の保管場所としては最も安全と言えるでしょう。

この他、ご自宅の金庫や銀行等の貸し金庫に保管したり、遺言作成をサポートした弁護士等に預けたりすることも可能です。

また、公正証書遺言は原本が公証役場で保管されます。
秘密証書遺言については法務局で保管できませんので、ご自身で管理する必要があります。

[質問 54]
関連するよくある質問
関連する参考例
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00