相続に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
安心と信頼のリーガルネットワーク弁護士法人泉総合法律事務所遺産相続
0120-870-408
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
お問い合わせ
(365日24時間受付中)
遺産分割

相続人に認知症の方がいる際の遺産分割手続きと注意点

認知症 相続

高齢化が進むことによって、認知症の高齢者の方も増えてきました。遺産分割協議は、相続人全員が参加することが必要ですので、認知症の相続人がいるからといって、その人を遺産分割手続から除外することは出来ません。

かといって、当然、その人自身では、他の相続人との話し合いや、最終的な遺産分割協議を、正常な判断のもと行なうことは出来ません(あるいは、それをいいことに、その人に極めて不利な内容の協議が、本人が内容を理解出来ないままに纏められてしまうリスクもあります)。

そのため、相続人に認知症の方がいる場合には、通常の相続手続とは異なる特別な配慮が必要になることがあります。そのような配慮をせずに相続手続を進めてしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
今回は、相続人に認知症の方がいる場合の遺産分割手続と注意点について解説します。

1.認知症の人が相続人にいると、どんなことに注意が必要?

相続人のなかに認知症の方がいる場合には、以下の点に注意が必要です。

(1) 認知症の相続人も遺産分割協議への参加が必要

被相続人が遺言書を残さずに亡くなった場合には、遺産の分割方法について相続人全員で話し合う必要があります。これを「遺産分割協議」といいます。
高齢化社会が進展している現代の日本では、相続人の中に認知症の方がいることも、決して珍しいことではありません。
重度の認知症の方がいる場合、自分の意見や希望を伝えることが出来ないことから、他の相続人としては、最初からその方を除いて遺産分割協議を進めようと考えることもあるでしょう。

しかし、遺産分割協議は、個々の能力に関わらず、あくまで、相続人全員が参加することが必要ですので、認知症の相続人を除いて行った遺産分割協議は、当然に無効となり、やり直しが必要となります。

(2) 有効な遺産分割協議をするには意思能力が必要

それでは、認知症の相続人を、そのまま遺産分割協議に加えれば良いのかというと、それも違います。
有効な遺産分割協議がなされたといえるには、前提として、当事者である相続人が、自分の行為の結果を判断することが出来る精神能力を備えていることが必要です。これを「意思能力」といいます。

しかし、認知症の方は、通常この意思能力を失っていることが多いため、遺産分割協議に認知症の相続人を参加させたとしても、意思能力を欠いた状態での協議なので、有効な相続人全員による協議があったとはいえず、やはり当該遺産分割協議は無効となってしまいます。

このように、認知症の方であっても遺産分割協議に参加させなければなりませんが、ただ本人を重度の認知症の状態で参加させたとしても、遺産分割協議は無効になってしまいます。そのため、相続人に認知症の方がいる場合には、法律上何らかの対処をしなければなりません。

なお、軽度の認知症であれば、問題なく遺産分割出来るケースもありますが、遺産分割の終了後にその人の認知症が進行したりすると、後日、「あのときの協議は認知症の人がいたから無効だ」と相続人の誰かが主張するといったトラブルが予想されるので、そうしたトラブルの発生を事前に防ぐ必要があります。
はた目には「このままでも協議出来そう」と思われる場合でも、必ず医師の診断を受け、診断書も出して貰いましょう

2.認知症の相続人がいる場合の遺産分割の方法

それでは、認知症の相続人がいる場合には、どのような対処をすればよいのでしょうか。以下では、被相続人が遺言書を残さずに亡くなった場合の対処法について説明します。

(1) 法定相続分どおりに相続する方法

相続が開始した場合にどのくらいの割合で遺産を受け取ることが出来るかについては、民法に「法定相続分」として規定があります。
全ての遺産を民法が規定する法定相続分どおりに分割するのであれば、遺産分割協議は不要になりますので、認知症の相続人がいたとしても、遺産を分けることが出来ます。

もっとも、被相続人の遺産が現金だけであれば特に問題はありませんが、遺産に預貯金が含まれている場合には、金融機関で預貯金の払い戻しの手続きをする際の戸籍謄本や印鑑証明書の取得で苦労することがあります(なお、平成28年の最高裁決定は、相続開始と同時に当然に各共同相続人に分割されるとそれまで考えられてきた預貯金債権について、預貯金債権もまた遺産分割の対象に含まれると判示しました)。

また、遺産に不動産が含まれている場合には、法律上、相続開始の時点で、相続人全員の共有状態となります。
したがって、遺産である不動産を売却しようとする場合には、共有者である相続人全員の同意が必要になりますが、認知症の相続人から同意を得ることは困難なため、実際には不動産を売却するなどの活用をすることが出来ないという不都合性があります。
かといって、共有状態のまま不動産を放置することは、将来、別の相続が発生したときに更に権利関係を複雑にすることになりますので、あまりお勧めすることは出来ません。

(2) 成年後見制度を利用する方法

認知症の相続人がいる場合には、成年後見制度を利用することによって、遺産分割協議を有効に成立させることが出来ます。
成年後見制度とは、認知症などで判断能力が不十分な本人に代わり、身のまわりの世話をするために介護サービスや施設入所に関する契約を締結したり、預貯金や不動産などの財産を管理したりする制度のことをいいます。

成年後見制度は、本人の判断能力の程度により、以下の三つの類型に分けられます。

  • 後見-判断能力が欠けているのが通常の方(例:重度の認知症)
  • 保佐-判断能力が著しく不十分な方(例:中程度の認知症)
  • 補助-判断能力が不十分な方(例:軽度の認知症)

この成年後見制度を利用することによって、裁判所から選任された成年後見人などが、認知症の相続人本人に代わって遺産分割協議に参加し、有効に遺産分割協議を成立させることが可能になります。

認知症の程度が重い後見の場合は、成年後見人は当然に遺産分割についての代理権を持ち、本人が遺産分割手続を進めることは出来ません。
これに対し、後見より認知症の程度が軽い保佐や補助については、既に保佐人・補助人がいる場合でも、保佐人・補助人に遺産分割について代理権を付与する旨の審判がされていない場合には、本人が遺産分割を進めることになります。

本人が遺産分割手続を進めるに当たり、保佐の場合は、保佐人の同意が必要ですが、程度の最も軽い補助の場合は、遺産分割に補助人の同意を必要とする旨の審判がされていなければ、補助人の同意なしで遺産分割を進めることが可能です。
このように、本人の判断能力の程度によって、代理権の有無、同意の要否などといった、法的な制約のレベルも変わっています。

但し、成年後見制度は、判断能力のない本人を保護することを目的とした制度ですので、遺産分割協議が成立したとしても、そこで成年後見人を辞任・解任することは出来ません
成年後見人は、認知症の本人が死亡するまで、本人の財産管理などの業務を行っていかなければなりません。

なお、遺産分割協議を行なうために成年後見人を選任する場合には、親族では利益相反の可能性がありますので、弁護士や司法書士などの専門職後見人が選任される可能性が高いです(また、上述の通り、成年後見人の仕事は、本人が亡くなるまで続くことから、そのコストのために親族側から敬遠されることもあります)。

既に親族が後見人に選任されているという場合(後見人自身が共同相続人の1人である場合)には、遺産分割協議の際には、利益相反の問題を回避するために、特別代理人の選任が必要になる場合もあります。
また、成年後見人の選任自体で数ヶ月かかることがあり、必ずしも遺産分割のために全ての方にお勧め出来る制度ではありません。

(3) 認知症の方が亡くなるまで待つ方法

決して推奨されるものではありませんが、理論上は、認知症の相続人が亡くなるまで遺産分割をしないという方法もあり得ます。
遺産分割に関しては、相続発生後いつまでに行わなければならないといった法律上の期限はありません。被相続人が亡くなったとしても、すぐに遺産分割の手続きを行う必要はありません。

しかし、このような方法では、認知症の相続人がいつ亡くなるかわからないため、長い間遺産分割が出来ない状態が続くことになります。
その場合、遺産の管理の問題が生じたり、認知症の方を含む相続人が亡くなることによる数次相続などで、更に権利関係が複雑になったりするというデメリットがあります。

遺産分割を放置することには、多くの弊害が伴いますので、このような方法をとる場合には、非常に多くのデメリットがあることをよく理解しておきましょう。
どうしてもこの方法しかないと思われる場合でも、まずは一度弁護士にご相談されることをお勧めします。

3.認知症の方がいる場合には遺言書の作成を!

まだ相続が開始していないという場合には、あらかじめ遺言書を作成しておくことが、(推定)相続人の中に認知症の方がいる場合の対策としては有効です。

遺言書がある場合には、そこに書かれた被相続人の意思が、相続人間の遺産分割協議よりも優先されますので、相続人が遺産分割協議をする必要がなくなります。
相続人に認知症の方がいたとしても、遺言書があれば、法務局での相続登記や金融機関での預貯金の払い戻しの手続を行なうことが可能です。

但し、このような方法が取れるのは、有効な遺言書が残されている場合に限ります。
遺言書は、法律の定める要件を満たしていなければ、無効になってしまいますので、遺言書を作成するときには、専門家である弁護士のサポートを受けるなどして、有効な遺言書になるように留意しなければなりません。

また、有効な遺言書を残していたとしても、遺産の全てについて漏れなく遺産分割方法を指定しておかなければ、漏れのあった遺産については、遺言による指定がないということになるので、別途遺産分割協議が必要になってきます。
そうすると、結局、認知症の相続人のために後見人を立てるなどの対応に追われることになりますので、この点も要注意です。

まだ相続が発生していない段階であれば、早期に弁護士に相談をするなどして遺言書の作成などの対策を事前に取るようにしましょう。

4.まとめ

認知症の相続人がいる場合には、通常の相続手続とは異なる配慮が必要になります。
被相続人が亡くなった後に対処をすることになると、成年後見制度など煩雑な手続を取らなければなりません。

もし、既に親族の中に認知症の方がいて、その方が将来自身の相続人になる可能性があるのであれば、遺言書の作成など、生前に対策をすることをお勧めします。

また、認知症の方がいて、今まさに遺産分割出来ずにいる方は、ぜひ泉総合法律事務所までご相談下さい。状況に応じて適切な方法をご提案致します。

関連するコラム
38 40
【電話受付】平日9:00〜21:00 / 土日祝9:00〜19:00